仙台市施術機関登録済・宮城県指定施術者認定
【健康保険が使えて安心!ご自宅までお伺いします】
無料訪問マッサージ体験 施術責任者 ひらたブログ お問い合わせ 従業員募集
サービス内容

訪問マッサージは、病院に通ったりリハビリ施設に通所したりすることが困難な方に利用していただく
サービスです。そのため、

・起き上がる事が困難な方、または不安がある方
・ヒザや腰に問題があり、歩行に支障がある方
・移動時に車イスまたは補助具が必要な方
・外出時に介護者の助けが必要な方
・その他 外出することに不安がある方

など自分で医療機関に出向く事が困難な方が対象となっています。

トップへ戻る

訪問マッサージの効果について


1.関節拘縮の予防と改善

もし麻痺が起きてしまった場合、関節周辺の組織が硬くなり、可動域の制限が起こります。 そのまま放置しておくとますます筋力が低下し、日常生活のちょっとした行動が困難になるなどさまざまな問題が発生します。 この場合、拘縮を起こしている関節周囲の筋力を改善し、滑液胞などの関節周辺組織の血行改善をはかって関節可動域を広げます。



関節拘縮

2.筋力の維持・強化

運動障害を持ってしまった方に関節拘縮と並んで多い症状が、筋萎縮による運動機能の低下です。 私たちは運動機能が低下して、たとえ寝たきりになった方でも、筋力の低下を防ぎ動作の改善に努めます。



筋力の維持

3.麻痺の回復

長期間麻痺した筋肉は、本来残存する筋力も低下していきます。 マッサージにより筋肉の血行を改善し、残存能力を回復させます。



麻痺の回復

4.浮腫(むくみ)の改善

足底、足首、下腿部を中心に軟部組織へ圧迫刺激と、各小関節の他動運動を組み合わせ、水分の代謝促進、静動脈の還流を図ります。



浮腫(むくみ)

5.褥瘡(床ずれ)などの血行障害の改善

患部への医療的処置に加え、下腿部を中心に浮腫へのアプローチと同様の施術を行うことにより、全身の血液還流され患部周辺の血行も良くなり、治療に向けての環境を整備します。



褥瘡(床ずれ)

トップへ戻る

対象となる疾患例


脳血管障害後遺症(脳梗塞など)
骨折後遺症
変形性膝関節症
脊柱菅狭窄症
加齢による筋力低下
腰痛症
膝関節の拘縮(こわばり)

糖尿病性神経障害(痛み、しびれ)
パーキンソン病・症候群
脊髄小脳変性症
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
股関節症状(痛み、歩行困難)
肺気腫
うつ病によるめまい、全身倦怠感

トップへ戻る