カテゴリー別アーカイブ: 日記

ちょっと可笑しい昔話 『寿命(グリム童話)』

こんにちは。
訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

今日は少し面白い話をうかがったので、皆様に共有させていただきたいと思います。

 

いつも楽しみにしている、「小澤俊雄〜昔話へのご招待」というラジオ番組があるのですが、
その中で小澤先生が紹介なさった「寿命」というグリム童話が面白かったので、ご紹介させていただきます。

寿命(じゅみょう)
グリム童話

20140528-112043-40843330.jpg

 むかしむかし、生き物をつくった神さまが、その生き物たちの寿命(じゅみょう)を何年にするか考えていました。
(うーん、三十年ぐらいでいいかな?)
 するとそこへロバがやってきて、神さまに言いました。
「神さま、わたくしの寿命は、何年にしていただけましょうか?」
「そうだな。三十年ではどうかね?」
 神さまの言葉に、ロバは悲しそうに言いました。
「三十年は、長すぎます。
 わたくしは朝から晩まで、重い荷物を運ばなければならないのです。
 そんな暮らしが三十年も続くなんて、ひどすぎます。
 どうか寿命を、もう少しおへらしください」
「なるほど」
 そこで神さまは、ロバの寿命を十八年とってやりました。

 ロバが立ち去るとイヌがやってきたので、神さまが聞きました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバは三十年では長すぎると言ったが、お前はそれでよかろう」
 するとイヌは、こう答えました。
「わたくしの足は、三十年も走れるほどじょうぶではございません。
 それに歯も、十年やそこらで抜けてしまいます。
 走る事も出来ず、かみつく事も出来ない体では、長生きしても仕方がありません」
「なるほど」
 そこで神さまは、イヌの寿命を十二年とってやりました。

 イヌが帰ると、次にサルがやってきました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバやイヌは三十年は長すぎると言ったが、お前は三十年にしても大丈夫だね」
「いいえ、神さま」
 サルはつらそうに、神さまに言いました。
「わたくしの人生は、いつも人を笑わすためにおかしなイタズラをしたり、変な顔をしたりすることです。
 そんなはずかしい人生が三十年も続くなんて、とてもがまん出来ません」
「なるほど」
 そこで神さまは、サルの寿命を十年とってやりました。

 最後に、人間がやって来ました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバもイヌもサルも三十年は長すぎると言ったが、お前は三十年でもかまわないね」
 神さまが言うと、人間はがっかりして答えました。
「三十年とは、なんて短い寿命でしょう。
 やっと自分の家をたてて、これから人生を楽しもうという時に、なぜ死ななければならないのですか?
 お願いです。もっと寿命をおのばしください」
「なるほど、ではロバがいらないといった十八年をたしてやろう」、
「十八年をたしても、たったの四十八年です。それではたりません」
「ではイヌの分の十二年も、たしてやろう」
「さらに十二年をたしても、たったの六十年です。まだまだ、少なすぎます」
「よし、それではサルの分の十年もたしてやろう。これでもう、おしまいだよ」
 神さまはそう言って、人間を帰らせました。

 このようなわけで、人間の寿命は七十年となったのです。
 はじめの三十年は、人間が元から持っている寿命です。
 人間はその三十年間に、子どもをつくって家をたてます。
 次に来るのが、ロバの十八年です。
 この十八年間は、色々な重荷を背負わされます。
 家族の為に、いっしょうけんめいに働かなくてはなりません。
 そして次に、イヌの十二年がやってきます。
 この頃になると足腰が弱くなり、歯も抜けていくのです。
 そして最後に来るのが、サルの十年です。
 だんだんと頭がにぶくなり、笑われるつもりはなくても、おかしな事をして笑われる事があります。
 これが人間の、一生なのです。

おしまい

 

何だかドキッとさせられますね(^^;)
日常生活の努力で、いつまでも健康を保ち、体力を維持していたいものです。
平田

<参考>福娘童話集
(話の分かりやすさのために、勝手ながら少しだけ編集しております。)

東北緩和医療学会に参加して来ました。

こんにちは、訪問マッサージ ホリハのひらたです。

今朝は東北緩和医療学会に参加して参りました。
NPO在宅緩和医療センター「虹」の所長 中山さんにご案内いただきましたので、ぜひとも参加したいと思っておりました。

やはり早期(治療期)からの緩和医療の併用が、より痛みや吐き気などの症状を抑える効果が見られるということでした。

まだまだ治る可能性のある早期からの緩和医療に不安や疑問を感じる方もいらっしゃると思いますが、「痛みがあっても薬で抑えられる」「吐き気をコントロールすることで食事もとれる」といった安心感がQOL(生活の質)の維持につながり、体力や精神力が低下しにくいため、制癌剤などの積極的治療についても効果が出やすいのです。

『緩和医療』という言葉をもっと抵抗なく受け入れられる私たちになれるとですね。

スウェーデンのノーマライゼーション

こんにちは、訪問マッサージのヒラタです。

福祉大国のスウェーデンには「寝たきり」という言葉が存在しないそうです。

これからお話しするのは、1990年に書かれた大熊由紀子さんの著書『「寝たきり老人」のいる国 いない国』の中で書かれた事です。

スウェーデンには住民1万人に対してホームヘルパーが400人いて、代わるがわる起床や食事を手伝ったり様子をうかがったりしに訪れるそうです。

介助が必要な方々も、体調が優れずお休みになる方をのぞいて、誰もが朝に起床し、食事し、会話して社会とのつながりを持ちます。

生活のリズムを作ることで様々な刺激を受け、認知症や廃用症候群(筋力低下や褥瘡など)を予防できるそうです。

外出やオシャレにも積極的になり、社会参加も増えて充実してすごせる様になるということです。

また、一般の障害を持たない方々も、障害をもつ方に対して偏見なく”普通に”

接する空気ができています。

<誰とでも偏見なく普通に話せる社会>を作るというのがノーマライゼーションの考え方なのです。

「寝たきり」は「寝かせきり」から作られると言いますが、それを解消するには家族の負担だけではとてもまかなえないため、社会的援助が大いに必要です。

スウェーデンでは1960年代から医療・福祉の重点政策を続けています。

国民は充実したサービスには多くの税金が必要だと納得して、その政策はとても上手くいっています。

事実、スウェーデンは早くもギリシャショックから立ち直ろうとしています。

日本では政治に対する不信感を払拭することから始めなくてはなりませんね。

 

大腿骨骨折後遺症からの筋力回復

こんにちは、訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

今日はわりと暖かく良いお天気でしたね。
先週から私が担当させていただいているTさんのマッサージに行ってきました。

Tさんは65歳の時に大腿骨を骨折され、その後入院して骨はくっついたけれど、
入院生活のなかで落ちてしまった筋力がなかなか戻らないために、ゆっくり気をつけてでないと歩けないという事情で訪問マッサージを利用なさっています。

Tさんはとても寒がりでいらっしゃって、お部屋の中はいつおじゃましても暖房全開になっています (^^;;

寒いと太もものボルトが引きつるのだそうです。

今回も、全身の血流アップを図るために
・太もも、ふくらはぎ
・背中、腰
を身体の中心方向に向かってリンパマッサージ。

精神のリラックスのために首、肩、頭腕、と進めていくと、
いつの間にかスヤスヤとお休みになっていらっしゃいました。

終わってお話をうかがうと、
「温泉に入ったみたいにスッキリした」と話していただきました。

何かにつかまらないとできなかったソファーからの立ち上がりも、スっと軽くできるとお喜びになっていらっしゃいました。

こんな風に喜んでいただけるのを見ていると私も一緒に感動して、
「身体が動くということの喜びを全身で教えてもらっているようだ!訪問マッサージをやっていて良かった!」
と心から思いました。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

東北は復興を掲げ頑張っております。

私共、訪問リハビリマッサージ ホリハ一同も、その灯りの一つとして邁進して参りたいと思います。

本年もどうぞ善きによろしくお願い致します。

第14回ドクターサーチみやぎ健康セミナー~肺がんに関する市民公開講座~に行ってきました

おはようございます。平田です。

昨日仙台メディアテークで行われました「ドクターサーチみやぎ公開講座~肺がんの治療~」に参加してきました。

ドクターサーチみやぎ

第14回ドクターサーチみやぎ健康セミナー

肺がんに関する市民公開講座
肺がんを知ろう! 早めの診断、確かな治療

///////////

現代の死亡率ワースト1は「肺がん」だそうです。

ほかの原因にくらべても死亡率は格段に高く、発症後1年以内に亡くなる確率は乳がんや大腸がんが40%以下なのに対して、肺がん患者さんは76.6%が亡くなってしまうそうです。

また、肺がんの要因として最も大きいのはやはり「喫煙」によるものなのですが、

喫煙・非喫煙に関係しない肺がんも増えてきています。

それは<腺がん>と呼ばれるもので、女性に多く発症するものです。

改善例の多い新薬も開発されていますが、やはり最も大事なのは早期発見・早期治療ということでした。

また「緩和ケアの役割を多くの方が誤解している」という話の中で、

<誤解> 積極的治療→体力的限界→緩和ケア(消極的治療)

<実際> 積極的治療 + 緩和ケア(補完的医療)

であるという話題がありました。

緩和ケアとは末期患者のための医療ではなく、積極的治療と併用することでQOLが向上し生存年数も伸びるということが実証されています。

ホリハの訪問リハビリ・マッサージも在宅ケアの一環として、ガンや難病の患者様のお役に立っていると実感しています。

むくみや廃用症候群(寝たきりによって起こる床ずれ・循環不良・筋力低下)を予防・改善することで、QOL(生活の質)の向上を目指し、生活のハリを取り戻すことに全力で取り組んでいます。

今回の講座を受けて、緩和ケアの重要性を再認識しました。

もっと多くの患者様をサポートできるようにがんばっていきたいと思います!!

/////////

次回は

第15回ドクターサーチみやぎ健康セミナー
C型肝炎に関する市民公開講座
「治せる時代へ」 ここまで進んだC型肝炎治療

日 時 / 2011年10月23日(日) 13:30開場/14:00開始 (16:00終了予定)
会 場 / アークホテル仙台2F グランドコート
(仙台市青葉区)定員300名 【地図】
参加費 / 無 料

ご興味のある方はぜひ(^^)

熱中症対策は間違っていた!?

NHK「ためしてガッテン!」で、

「今までの熱中症対策は間違っていた!」

と言っていましたので、あわてて確認してみました Σ(゜□゜;

内容は、

「血液からツヨくなる!熱中症で死ぬもんかSP」

ということで、熱中症のしくみと血液の性質についてのお話でした。

・・何が間違っていたかというと・・・

「”塩分補給”と言っても、やみくもに塩分を摂ればいいというものではない」

というものでした。

信州大学の能勢 博教授によると、

「汗を大量にかいた時には、塩分も体外に流れ出てしまうため”塩分補給”が重要である。」

ということでしたが、

この「汗を大量にかいた時」というのは、スポーツなどをして一度に大量に汗をかくことを指しています。

通常だと体外に出ないはずの塩分が、

”再吸収(必要なものを体外に出さない機能)が間に合わず、排出されてしまう”

ため、こういう場合は”塩分補給”の必要がある。ということでした。

そういった意味で塩分補給は大切なのですが、一言足りないまま”塩分補給が大切”という部分だけが広まってしまったそうです(^^;

汗を舐めてみて、しょっぱいようだったら”塩分補給が必要” (塩分が体外に出ているため)

そうでなければ普段の食事で十分足りるとのことでした。

ブログに書いた直後だっただけに、

「ためしてガッテン!」のCMを見て、間違った情報を発信してしまったのかと焦ってしまいましたが、全部が違うということではなかったのでホッとしました。 ε-(^◇^

熱中症対策を取りましょう。

こんにちは!訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

この自己紹介は”は行”が多くて歯が浮きそうです (^^;

とても暑い日が続いています。

熱中症対策はなさっていますか?

熱中症は主に二つの要因で起こります。

・極度の体温上昇による恒常性(体の管理機能)の異常

・汗などで水分を失うことによる脱水症状

失神心停止をおこすこともあり、たいへん危険です>

しっかりと対策を取りましょう

1.えり元の開いた服を着る。(首からの熱放出をうながす)

2.こまめに水分・塩分を取る。(汗で失った水分、ミネラルを取る)

首元やそけい部(ふとももの付け根)にアイスノンや冷やした濡れタオルを当てるのも効果的です。

どうぞお気をつけてお過ごしください (^-^)ノ

平田