カテゴリー別アーカイブ: 患者様の声

マッサージを受けている間はガンの痛みを忘れられます!

こんにちは、訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

新しくご利用になられたSさんは、がんが骨に転移した痛みで医療マッサージの対象になっております。

「何もしなくても痛むそのがん性の痛みが、マッサージのあいだは忘れられるんですよ!」と喜んでいただけました。

いつも夜、寝てるか寝ていないか分からないくらいにたびたび痛みで目を覚ますそうですが、少しずつ眠れる時間が多くなって、夜が短く感じられる様になったそうです。

少しでも良くなっているというお話をうかがうと本当に嬉しくなります。
訪問マッサージをやっていて良かった!と感じます。

パーキンソンの症状が再発、体を温める7つの方法

こんにちは、訪問リハビリ・マッサージの平田です。

先日ブログにも書きました、パーキンソン病でお困りのSさんですが、また症状悪化が起こってしまいました。
原因はやっぱり「冷え」からきているようです。

お話を伺って気付いたのですが、「体を冷やす生活」が当たり前になっていて、何が体に良くないのかに気付きにくいのだとわかりました。
また、温めるのが良いとわかっていても、やり方がわからないという事もわかりました。

そこで、今日は具体的に体を冷やさない習慣について書こうと思います。

まず気を付けたいのは、

①「朝起きたらまずクーラー」をやめる。
→外の気温も一時期にくらべて涼しくなってきました。
もしかしたら必要以上に部屋を冷やしているかも知れません。
なるべく朝夕は外の風と同じくらいの温度にしてみましょう。

そして、

②「のどが渇いたら冷たいジュースかアイス」をやめる。
→体調がすぐれない時には冷たい物を控えましょう。体が冷え気味の時には温かいお茶やショウガ湯も美味しいものです。

さらに、

③一日一回は汗をかく。
→暑いからとクーラーの効いた部屋から全く出ないのは、温度変化がないため体内リズムを崩し、自律神経の乱れを引き起こします。
一日に一回は汗をかく時間をつくって、環境の変化に対応できる強い体を作りましょう。
例えば、調子の良い時は「半身浴」をしてみたり、タライにお湯をはって「足湯」をしてみても良いでしょう。
夏はシャワーだけ、という方も多いと思いますが、汗をかく習慣がない方はしっかり湯船につかって汗をかくのも良いと思います。

その他にもいろいろあると思いますが、下に少しまとめてみましたのでご参考になさってください。

↓↓↓

<冷やさない方法>
・クーラーの直風を避ける
・クーラーを付けっぱなしにしない
・ジュース、アイスをとり過ぎない
・こまめに着替える(下着)

<温める方法>
・半身浴をする   →半身浴のやり方
・足湯をする     →足湯のやり方
・軽い運動をする
・温かい飲み物をとる

重度の慢性腰痛・腰曲がりが改善に向けて前進

こんにちは。ホリハのマッサージ師・平田です。

今朝は嬉しいニュースがあったのでご報告します(*^^*)

重度の腰痛で歩行困難の患者さん(Nさん)が教えてくれました。

「今朝起き上がってみると、いつもより腰の調子が良かったから家の周りを歩いてみたんですよ。
杖に頼るので腰が曲がってしまい、いつも地面しか見えないんだけど
今日は少し前を見れるようになったんだよ!」

3ヶ月目にしてようやくマッサージの効果が出始めたことに、
私も感激してしまいました。

さらなる改善を目指して、がんばって続けていきましょう‼

両脚の急激なつりと痛み、原因は「冷え」でした。

こんにちは、訪問リハビリマッサージの平田です。

私の患者さんで急激に体調がわるくなった方がいらっしゃったので、その原因と対処法についてご報告いたします。
きっと多くの方に共通する事ではないかと思います。

その患者さん(Sさん)は数年前にパーキンソン病になってしまい、毎晩足がつる症状に悩まされていらっしゃいました。
去年の冬から訪問マッサージを始めて8ヶ月ほどその症状はコントロールできていました。

しかし先日、Sさんから電話があり「足がつってどうにも苦しい」とおっしゃるのですぐにご自宅へ駆けつけました。

足の震えとこわばりで立ち上がることもできず、とても苦しそうなご様子でした。
「(夜だったため)こんな時間に呼んですみません!どうにかお願いします!」とおっしゃられました。

どうにか横になってもらい、両足のマッサージを始めると、こわばりは少しずつ取れ、足のつりもおさまってきました。

落ち着いてからお話しを伺ってみると、「暑かったので冷たいものをたくさん摂った」とのことでした。
確かに部屋も少しクーラーがききすぎている様子。
お腹も触ってみると冷えて硬くなっていました。

また夜間に再発しかねないと感じましたので、3つの事をお願いしました。
①こまめに着替える事。
→汗で湿った服は身体を冷やします。
②クーラーの温度を下げすぎないこと。
→ドライにするとそれほど温度を下げなくても快適に感じます。
③お腹を冷やさないこと。
→今回の不調はお腹が冷えた事からきているようです。自律神経の働きがくるってしまったのだと思われます。

すぐにシャツを着替えてもらい、クーラーはドライに切り替えて温度を少し上げました。
また、お腹にはバスタオルをたたんで当て、もう一枚のバスタオルで少しきつめに巻き付けました。

「もし動ける様であれば、15分以上の半身浴をして様子を見てください」とお伝えして失礼しました。

後日お伺いすると、あの時からは少しずつ収まってきているとの事でした。

暑い盛りの事でしたから、冷たいものも欲しくなりますし、熱中症の危険もあるためクーラー無しというわけにはいかないと思います。
どうにか極力お腹を冷やさない様に工夫してみてくださいね。

足のしびれが改善

こんにちは、訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

両脚の筋力低下でご利用になっているYさんから嬉しい一言をいただきました!

この方は、脊髄症で両脚のに力が入らないのと、太ももからつま先まで全体的にしびれているのがマッサージを受ける対象になっています。

Yさんは訪問マッサージを始めてから約半年になるのですが、
「そういえば前に比べて足のしびれが軽くなったように感じる」と
症状の変化を教えていただきました。

“しびれ”は症状のなかでも改善に時間のかかるものです。
半年単位で少しずつ軽くなっていけば!と思って一回一回のマッサージを心を込めてやらせていただいております。

長いお付き合いになりますが、今後とも症状改善にお手伝いさせてくださいね。

大腿骨骨折後遺症からの筋力回復

こんにちは、訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

今日はわりと暖かく良いお天気でしたね。
先週から私が担当させていただいているTさんのマッサージに行ってきました。

Tさんは65歳の時に大腿骨を骨折され、その後入院して骨はくっついたけれど、
入院生活のなかで落ちてしまった筋力がなかなか戻らないために、ゆっくり気をつけてでないと歩けないという事情で訪問マッサージを利用なさっています。

Tさんはとても寒がりでいらっしゃって、お部屋の中はいつおじゃましても暖房全開になっています (^^;;

寒いと太もものボルトが引きつるのだそうです。

今回も、全身の血流アップを図るために
・太もも、ふくらはぎ
・背中、腰
を身体の中心方向に向かってリンパマッサージ。

精神のリラックスのために首、肩、頭腕、と進めていくと、
いつの間にかスヤスヤとお休みになっていらっしゃいました。

終わってお話をうかがうと、
「温泉に入ったみたいにスッキリした」と話していただきました。

何かにつかまらないとできなかったソファーからの立ち上がりも、スっと軽くできるとお喜びになっていらっしゃいました。

こんな風に喜んでいただけるのを見ていると私も一緒に感動して、
「身体が動くということの喜びを全身で教えてもらっているようだ!訪問マッサージをやっていて良かった!」
と心から思いました。

「ホリハさんが来てくれるのが待ち遠しかった!」とおっしゃっていただきました

新しく訪問リハビリマッサージ・ホリハのサービスをご利用になられるSさんの言葉です。

「毎晩足がつって仕方なかったのが、訪問マッサージを受けて一週間もつらなくて驚きました!」

パーキンソン病の症状で両足の血流が悪く、毎晩足がつって悶絶なさっていたそうです。

そこでインターネットでマッサージをお探しになり、ホリハにお電話いただいたということでした。

 

まずは無料体験のマッサージをうけていただき、その時に手続きの流れや書類の説明をさせていただきました。

無料体験マッサージをうけて、全身の血流が改善されたため足がつらなかったようです。

医師の同意書ができるまで一週間あいてしまったのですが、

「早くマッサージを始めたい!」とたいへん待ち遠しく思っていらっしゃったそうです。

 

今後のスケジュールをご相談し、「まずは両足の血流を改善する」という目的で週2回で続けていくことになりました。

 

「血流の改善にマッサージは大変効果的です。Sさんのように、症状が改善して喜んでいただけるのは私にとってもたいへん嬉しいことです。ゆっくりしっかり、がんばって治していきましょう!」

 

仙台 訪問リハビリマッサージ ホリハ 【健康保険がつかえて安心!ご自宅までお伺いします】