【ニュース】被災された方の医療費・介護利用料が猶予・減免されます。

4月6日に、東日本大震災の被災地で特別に支払いを猶予されている病院での窓口負担や介護サービスの利用料、医療保険や介護保険の保険料などを、国が原則として全額負担する方針を固めたと発表されました。

青森県や岩手県、宮城県、福島県、茨城県などで災害救助法が適用されている市区町村で、住宅が全半壊したり、家計を支えていた人が死亡したり、行方不明になったりした人などが対象になるそうです。

それにしたがって厚生労働省は、対象となる方に原則3割となっている病院窓口での医療費負担や、健康保険料、介護サービスの利用料、介護保険の保険料の支払いなどを猶予または減免するように各機関へ通知を出しているとのことです。

詳しくはかかりつけの病院窓口または各役所窓口までお問い合わせください。

この情報がどなたかのお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です