パーキンソンの症状が再発、体を温める7つの方法

こんにちは、訪問リハビリ・マッサージの平田です。

先日ブログにも書きました、パーキンソン病でお困りのSさんですが、また症状悪化が起こってしまいました。
原因はやっぱり「冷え」からきているようです。

お話を伺って気付いたのですが、「体を冷やす生活」が当たり前になっていて、何が体に良くないのかに気付きにくいのだとわかりました。
また、温めるのが良いとわかっていても、やり方がわからないという事もわかりました。

そこで、今日は具体的に体を冷やさない習慣について書こうと思います。

まず気を付けたいのは、

①「朝起きたらまずクーラー」をやめる。
→外の気温も一時期にくらべて涼しくなってきました。
もしかしたら必要以上に部屋を冷やしているかも知れません。
なるべく朝夕は外の風と同じくらいの温度にしてみましょう。

そして、

②「のどが渇いたら冷たいジュースかアイス」をやめる。
→体調がすぐれない時には冷たい物を控えましょう。体が冷え気味の時には温かいお茶やショウガ湯も美味しいものです。

さらに、

③一日一回は汗をかく。
→暑いからとクーラーの効いた部屋から全く出ないのは、温度変化がないため体内リズムを崩し、自律神経の乱れを引き起こします。
一日に一回は汗をかく時間をつくって、環境の変化に対応できる強い体を作りましょう。
例えば、調子の良い時は「半身浴」をしてみたり、タライにお湯をはって「足湯」をしてみても良いでしょう。
夏はシャワーだけ、という方も多いと思いますが、汗をかく習慣がない方はしっかり湯船につかって汗をかくのも良いと思います。

その他にもいろいろあると思いますが、下に少しまとめてみましたのでご参考になさってください。

↓↓↓

<冷やさない方法>
・クーラーの直風を避ける
・クーラーを付けっぱなしにしない
・ジュース、アイスをとり過ぎない
・こまめに着替える(下着)

<温める方法>
・半身浴をする   →半身浴のやり方
・足湯をする     →足湯のやり方
・軽い運動をする
・温かい飲み物をとる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です