手技療法はなぜ効くのか③ 〜体性反射・自律神経反射について〜

こんにちは、訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

今日は二つの反射についてお伝えしたいと思います。

 

●体性反射・自律神経反射

前回お伝えした通り、深部反射には

・体性反射

・自律神経反射

の二つがあります。

 

1.「体性反射」とはアキレス腱反射や膝蓋腱反射などの運動をともなう反射で、
例えば、肩周辺をマッサージしていると指先がピクピクと動いたり、
逆に手首あたりを緩めていると、今度は肩が大きく痙攣したりすることがあります。

 

2.「自律神経反射」とは、マッサージによって血流が活発になったり、
副交感神経の働きが促されて血管が拡張し、体がポカポカになったりします。
そのほか、消化器(胃腸)の動きが活発になったり、
リラックスして緊張性の頭痛がとれたりと、様々な効果があります。

 

こういった効果を狙って、
症状に合わせて施術する場所や強さ、方法を組み合わせて手技治療を行っております。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

よい一日をお過ごしください。

平田

 

≪もっと詳しく知りたいという方は、コメントよりご質問お寄せください。できるだけ早く回答させていただきたいと思います。≫

仙台の訪問リハビリマッサージ ホリハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です