ちょっと可笑しい昔話 『寿命(グリム童話)』

こんにちは。
訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

今日は少し面白い話をうかがったので、皆様に共有させていただきたいと思います。

 

いつも楽しみにしている、「小澤俊雄〜昔話へのご招待」というラジオ番組があるのですが、
その中で小澤先生が紹介なさった「寿命」というグリム童話が面白かったので、ご紹介させていただきます。

寿命(じゅみょう)
グリム童話

20140528-112043-40843330.jpg

 むかしむかし、生き物をつくった神さまが、その生き物たちの寿命(じゅみょう)を何年にするか考えていました。
(うーん、三十年ぐらいでいいかな?)
 するとそこへロバがやってきて、神さまに言いました。
「神さま、わたくしの寿命は、何年にしていただけましょうか?」
「そうだな。三十年ではどうかね?」
 神さまの言葉に、ロバは悲しそうに言いました。
「三十年は、長すぎます。
 わたくしは朝から晩まで、重い荷物を運ばなければならないのです。
 そんな暮らしが三十年も続くなんて、ひどすぎます。
 どうか寿命を、もう少しおへらしください」
「なるほど」
 そこで神さまは、ロバの寿命を十八年とってやりました。

 ロバが立ち去るとイヌがやってきたので、神さまが聞きました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバは三十年では長すぎると言ったが、お前はそれでよかろう」
 するとイヌは、こう答えました。
「わたくしの足は、三十年も走れるほどじょうぶではございません。
 それに歯も、十年やそこらで抜けてしまいます。
 走る事も出来ず、かみつく事も出来ない体では、長生きしても仕方がありません」
「なるほど」
 そこで神さまは、イヌの寿命を十二年とってやりました。

 イヌが帰ると、次にサルがやってきました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバやイヌは三十年は長すぎると言ったが、お前は三十年にしても大丈夫だね」
「いいえ、神さま」
 サルはつらそうに、神さまに言いました。
「わたくしの人生は、いつも人を笑わすためにおかしなイタズラをしたり、変な顔をしたりすることです。
 そんなはずかしい人生が三十年も続くなんて、とてもがまん出来ません」
「なるほど」
 そこで神さまは、サルの寿命を十年とってやりました。

 最後に、人間がやって来ました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバもイヌもサルも三十年は長すぎると言ったが、お前は三十年でもかまわないね」
 神さまが言うと、人間はがっかりして答えました。
「三十年とは、なんて短い寿命でしょう。
 やっと自分の家をたてて、これから人生を楽しもうという時に、なぜ死ななければならないのですか?
 お願いです。もっと寿命をおのばしください」
「なるほど、ではロバがいらないといった十八年をたしてやろう」、
「十八年をたしても、たったの四十八年です。それではたりません」
「ではイヌの分の十二年も、たしてやろう」
「さらに十二年をたしても、たったの六十年です。まだまだ、少なすぎます」
「よし、それではサルの分の十年もたしてやろう。これでもう、おしまいだよ」
 神さまはそう言って、人間を帰らせました。

 このようなわけで、人間の寿命は七十年となったのです。
 はじめの三十年は、人間が元から持っている寿命です。
 人間はその三十年間に、子どもをつくって家をたてます。
 次に来るのが、ロバの十八年です。
 この十八年間は、色々な重荷を背負わされます。
 家族の為に、いっしょうけんめいに働かなくてはなりません。
 そして次に、イヌの十二年がやってきます。
 この頃になると足腰が弱くなり、歯も抜けていくのです。
 そして最後に来るのが、サルの十年です。
 だんだんと頭がにぶくなり、笑われるつもりはなくても、おかしな事をして笑われる事があります。
 これが人間の、一生なのです。

おしまい

 

何だかドキッとさせられますね(^^;)
日常生活の努力で、いつまでも健康を保ち、体力を維持していたいものです。
平田

<参考>福娘童話集
(話の分かりやすさのために、勝手ながら少しだけ編集しております。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です