各部位の手技療法② 〜腰のマッサージ〜

こんにちは。
仙台の訪問リハビリマッサージ「ホリハ」代表施術者の平田です。

今日もお役に立てる情報をお伝えしたいと思います。

 

●腰の構成要素

骨:腰椎1〜5番、仙骨、腸骨(骨盤の上縁)、下部肋骨(10番以降)

臓器:大腸、小腸、腎臓、尿管、(人によっては胃、脾臓、肝臓)

筋肉:腸腰筋、脊柱起立筋群、腰方形筋、棘間筋など

 

●腰の構造上の弱さ

腹筋や腸腰筋が協調して使えていないと、腰椎に単独で負担がかかり、
腰椎ヘルニア筋筋膜性腰痛などのいわゆるぎっくり腰になる。

 

●腰の施術

①背骨の際を筋肉の流れに沿って緩める。
胸椎11番〜腰椎5番まで、広範囲に行う。
ここであまり深く入れる必要はない。
せいぜい4〜5cm程度。
お腹がゴロゴロ言う(腸が動く)と、緩んできていると見る。

②脊柱起立筋の外側を同様に行う。
こちらもあまり強く入れないこと。

③肋骨下縁を底辺、脊椎を垂線とする直角三角形の斜辺(広背筋、脊柱起立筋)に深く触れる。
胃や腸が動く(腹鳴する)と緩んでいると見る。
全く鳴る気配がない場合は、腰椎が後弯してお腹がくぼんでいる状態なので、腰椎が前方にせり出す様に深く触れる。

④腸骨を底辺、脊椎を垂線とする直角三角形の斜辺(腸腰筋、脊柱起立筋)に深く触れる。
左側ではS状結腸に触れるので、ほぐれて温まってくると便通が改善する。

 
ぎっくり腰には腸の動きが関係していると思われることが多いです。
疲れていると、腸の動きも悪くなり、そこに暴飲暴食、甘い物の過食で腸が停滞すると腰の痛み・動きづらさとしてあらわれます。

筋肉を強く揉みしだくよりも、腸の動きに気を配ると、腰痛改善の近道となることがあります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

平田

 

仙台の訪問リハビリマッサージ ホリハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です