ご利用者の災害復興お手伝いをしてきました

忙しさにかまけて自宅兼事務所の片付けは後回しにしてしまっている平田崇です。ちゃんと片づけなくては・・・

今日はホリハご利用者様のIさんご家族の家片づけのお手伝いをしてきました。

部屋に入ると一面のガラスや書類、その他もろもろで床が見えない状態でした。

倒れたタンスや食器棚を引き起こすと、そこには割れた食器やガラスの破片がたくさん。

一つ一つ片づけて、ようやく床のカーペットが見えるころにはお昼も2時を回っていました(汗)

ご利用者さんのご家族と昼食をご一緒して、さあ後半戦!

何とか一段落したころには日も落ちかけていました。

時間はかかるけれども、皆さんが日常を取り戻すのも、東北の復興もこれからが勝負!と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です