タグ別アーカイブ: ケガ

「交叉性伸展反射」とは?

こんにちは。
訪問リハビリマッサージ ホリハの平田です。

 

今日は、「交叉性伸展反射」についてお伝えしたいと思います。

 

●交叉性伸展反射

交叉性伸展反射とは、関節が曲がる場面で、内側の筋肉(屈筋)が収縮するとき、その反対の動きをする筋肉(伸筋)が弛緩するという、ごく自然に起こっている体性反射のひとつです。

内側の筋肉が縮んで関節が曲がろうとするときに、反対側の筋肉も緊張していたら、どんなに頑張っても関節は曲がらないですよね。

この調整を無意識に行っているのが「交叉性伸展反射」なのです。

 

しかし、普通なら自然に起こる交叉性伸展反射が、弱まってしまっていることがあります。

それは、意識が屈筋側にかたよるクセ、つまり「りきむ」クセがついてしまった場合です。

そうなると、
屈筋側に疲労が蓄積し、筋肉や腱を傷める結果を招いてしまいます。

 

そこで私たち『ホリハ』の手技療法では、
深部反射に働きかけて交叉性反射のバランスを取り戻し、疲れにくく、故障しにくい身体を作ります。

 

次回は、手技(指圧、マッサージ)によって「どう効かせていくのか」に及んでみたいと思います。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

今日も良い一日をお過ごしください。

平田

仙台の訪問リハビリマッサージ ホリハ