タグ別アーカイブ: 肩こり

各部位の手技療法① 〜肩のマッサージ〜

こんにちは。
仙台の訪問リハビリマッサージ「ホリハ」代表施術者の平田です。

今日もお役に立てる情報をお伝えしたいと思います。

 

●肩の構成要素

肩は肩甲骨の棘突起と、鎖骨の外端、上腕骨が三方向から一点に向かって合わさった形をしています。

また、肩は直接体幹に直接くっついているのではなく、
三角筋、斜角筋、僧帽筋、広背筋、大胸筋、小胸筋など、
肩上部・背中側・胸側の筋肉が引っ張り合って位置を保っています。

 

●肩の構造上の問題

腕にはかなりの重さがありますから、直立歩行する我々人間にとって、肩には常に重力方向への負荷がかかっていることになります。

また、背筋が弱ると肩甲骨が落ち込み、さらに腕を重く感じさせます。

このことからも、
普段から背筋を使わないで生活していると、
背筋が緩んで肩甲骨が下がり、
それを補うために胸を縮めるようになり、
結果として肩が前方に突き出る癖がつき(猫背の状態)、
慢性的な筋疲労つまり肩こりになってしまいます。

 

●肩の施術

したがって、肩の施術には次の3点を意識しなくてはなりません。

①肩上部(首から肩にかけて)のライン
②鎖骨を中心に、胸から肩へのライン
③肩甲骨の周囲(特に頚椎に向かうライン、脊椎との間)

疲労を来たしている筋肉をしっかりと捉え、骨の可動性、関節の可動性、全体のコンプライアンス(柔軟性)について改善したかを指標にすると良いと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

平田

 

仙台の訪問リハビリマッサージ ホリハ